体毛や毛髪が変色する原因は「メラニン」にあり!

変色

女性も男性も、頭髪の色が変わってくると歳だな・・と感じると思いますが、実は腕や脚に生えている体毛も変色すると言われています。
茶色く変化したり、白く色が抜けてしまったりなどの変わり方がありますが、どうして毛は変色してしまうのでしょうか?
なぜ、色が変わるのか!原因について調べてみましょう。

どうして体毛は茶色くなってしまうの?

年齢と共に黒髪が白髪になる!というイメージはあると思いますが、実は茶色く変色してしまう場合もあります。
プールの使用を継続していると髪の毛が茶色っぽくなってしまう事があるのです。
それはプールは塩素水が多く、ずっと浸かっているとメラニン色素が抜ける事で体毛が茶色くなるのです。
運動不足が気になって、プールに通い出して何カ月間か経つと、だんだん体毛が茶色くなっているというのは、塩素水からきているものだったのです!

体毛が茶色くなる原因の1つは紫外線?

また、長い時間外に居る日が続くと髪の毛や体毛が茶色く変わってしまうという事もあります。
それは紫外線と大きな関係があるのですが、紫外線に長時間当たっているとメラニン色素が抜けてしまい変色するという事なのです。
メラニン細胞が衰えていく事で、黒色が保てなくなるようです。
では、白髪も同じ事が言えるのでしょうか?

白髪には原因があるの?

メラニン色素量が減少するだけでしたら茶色いままと思いがちですが、年齢と共に白髪になってしまいますよね。
そして若い人では30代から白髪が生え出す事もあり、個人差がとても大きいのです。
年齢と共に新陳代謝が低下してきてしまいます。
そして毛に色をつけるメラノサイトの働きも衰えてしまい、色がつかなくなる為白髪になってしまうのです。
また、白髪の理由には生活習慣が乱れていたり、ストレスを多く感じてしまう事で白髪になってしまう事も多いのです。
綺麗な黒髪を守る為には自分の体調管理も大切だ!という事なのですね。

黒髪をキープする為に出来る事

紫外線や、塩素水で髪の毛が茶色に変色してしまうという事も、深く考えれば毛にダメージが与えられているという事になります。
もちろん毛は肌を守る役割もあるので、大切ではありますが、ダメージを与え続けるのは嫌ですよね?
だからこそ、毛の為にもまずは自分の生活のスタイルを見直す事からはじめてみるといいのではないでしょうか?
規則正しい生活を昨日スタートさせたからといって明日には強い髪を得られるわけではありません。
時間をかけて自分の体質を健康的に調節していく事で、強く、白髪になりにく髪質に変えられるのだと思います。
髪の為にも出来る事からコツコツ始めてみるといいのではないでしょうか。